闇金はどうしたら無くなるのか

闇金はどうしたら無くなるのか

闇金ウシジマくんという漫画がドラマ化され、映画化にもなりまして闇金という仕事がコミカルな視点で感じる事もありますが、実際はそんな人情味溢れる優しい事はありません。

 

なぜ貸金業者なのに、闇と呼ばれる事になるのかと言いますと、世間一般的な銀行系カードローンや消費者金融の様に表立って広告する事が出来ないからです。

 

これは貸金業を営む上で都道府県知事や財務局長に対し、貸金業を営む上での審査を通過した上で認められる制度があるのですが、闇とついてしまう方々はこの登録をしていない、無登録の貸金業者であると判断されます。

 

法的にも無登録であっても、反復継続、かつ営利目的による営業形態は貸金業者と規定されています。

 

その為、資金力があれば誰でも無登録で貸金業を営むことは可能であり、違法と分かっている上で営業をしようとしている訳ですからリスクの代償として、顧客から上限金利を超えた利息や手数料を請求し、強固かつ悪質な取り立てをしているのです。

 

そんな彼らに説法しても無駄な事。

 

ポイントは分かっている上で携わっているという事ですから、反省する気など毛頭も無いのです。

 

闇金も商売で行っているのですから、需要と供給のバランスで成立していますので、供給する側が無くならないのであれば、需要の側が無くなればどんな闇金業者でも廃業に追い込むことが出来ます。

 

これはクレジットカード現金化においても一緒で、年々トラブルや相談件数は国民生活センターの統計情報上では無くなりつつありますが、メルカリの問題の様に悪巧みを考えるものも出てきています。

 

一昔前に闇金が社会問題化し、今ではあり得ない話ですが経営者がワイドショー等に出演するような変な時代がありましたが、年々その被害は減少しています。

 

しかし、未だ利用している人がいる為に根絶に至ってはいません。

 

人には言えない闇金の被害には、店員たちにとってペットの様な扱いをされ、「こいつから幾ら巻き上げる事ができるか」を考えており、骨の髄まで搾り取られてしまいます。

 

闇金が行う行為に違法性を立証し、証拠を集めなければ刑事訴訟まで発展する事も無く、民事の中で争う事になるのが基本的ではありますが、専門家に依頼する事で被害金額の返還と取り立ての中止、さらに刑事訴追に持ち運ぶことも可能ですから、自らでどうにかしようなんて思わずに、積極的に相談されることが大切です。

 

また、闇金についての相談は司法書士よりも弁護士に相談する事がオススメです。