「未成年でもクレジットカード現金化できる」は嘘!

「未成年でもクレジットカード現金化できる」は嘘!

「クレジットカード現金化業者はその数、なんと・・・!」といったところで、実際の数は把握できません。ただ一言、多いという言葉で片付けていいくらいどうでもいいことです。

 

数ある業者は日々還元率競争をしてお互いに切磋琢磨しているかというと、そんな少年漫画みたいなことはしていません。では、業者は何で競っているのか、それは広告です。
クレジットカード現金化業者にとっての利益は利用してもらうことで発生します、それはどんな業界でも変わりません。しかし、利用してもらうために業者がしていることといえば、熾烈な広告合戦といっても過言ではないでしょう。

 

業者にとってクレジットカード現金化が儲けることができるかというのは、広告の良し悪しがすべてです。業者はどうやって広告を出しているかというと、広告費を払って比較サイトにランキングで載せてもらうという形で広告を出しています。つまり、比較サイトは八百長の塊だということです。

 

で、当の比較サイトはクレジットカード現金化業者から広告費をもらいますが、広告費が支払われる条件としては、申し込みがあった際申込者が利用した際の2つがあります。
どちらがより簡単かといえば、申し込みをさせるだけで広告費がもらえるほうが簡単ですよね。

 

この仕組みを利用して、比較サイトはクレジットカード現金化に興味がある人を片っ端から業者に申し込みさせようとします。申し込みさえさせればいいのです、業者で利用できようができまいが関係なく広告費が入ってくるので、完全なるでたらめを書くことがあります

 

比較サイトの中に、未成年でもクレジットカード現金化できると騙っているところがあります。これが正に典型的な広告費目的の比較サイトでしょう。

 

クレジットカード現金化業者で、未成年でも利用できるところはありません。ほぼすべての業者は利用を断っています。

 

でたらめを書いて申し込ませる比較サイトの情報に意味はあるのでしょうか。未成年のクレジットカード現金化に関してもそんな調子では、そのほかに書いてあることもすべて申し込ませるだけのでたらめであることは容易に想像がつくでしょう。業者にとっても利用者にとっても迷惑千万なサイトであることだけは間違いありません。

 

現在クレジットカード現金化を考えている人に求められるスキルとして、比較サイトを比較することが求められています。中には比較サイトの比較サイトというわけのわからないサイトまで出る始末・・・。馬鹿々々しい比較サイトの妄言に騙されないよう注意しましょう。