クレジットカード現金化業者に申し込んだ時点でアウト!?

クレジットカード現金化業者に申し込んだ時点でアウト!?

クレジットカード現金化をしようと思ったらまず何をしますか?

 

クレジットカード現金化には、自分で行う方法とクレジットカード現金化業者を利用する方法がありますが、クレジットカード現金化にはリスクが付き物、自分で行うのはとてもじゃありませんが、リスクが高い金策です。

 

それでは、業者を利用して行えばリスクはないのでしょうか。

 

クレジットカード現金化の一番のリスクは、クレジットカード会社に利用していることがばれてクレジットカードが利用停止になることです。

 

確かに業者は、『クレジットカード現金化業者』というだけあって、クレジットカード会社に利用がばれないようなノウハウを積んでいる業者は存在します。

 

しかし、業者を利用する場合のリスクはクレジットカード会社にばれる、ばれないには関係ありません。

 

クレジットカード現金化業者を利用するリスク、それは悪徳業者に申し込んでしまった場合にあります。

 

悪徳業者は利用者に都合のいいことしか言わないことで利用を促し、取引のギリギリになってから都合が悪いことをまくしたて、最悪の場合脅迫行為をしてまで利用までもっていこうとします。

 

そんなの断ればいい、と考えている人、あなたが一番危険かもしれません。

 

業者に申し込みをした段階で、あなたの氏名、アドレス、電話番号を業者に伝えていませんか?

 

残念ながら、クレジットカード現金化業界では個人情報や顧客情報を売買しています。

 

現に、申し込みをしたあと、スパムメールが大量に来たり、申し込みをした覚えのないクレジットカード現金化業者から連絡が来たり、中にはデート商法などの詐欺商法をしているところから怪しい電話が来たりすることがあるのです。

 

社会的にグレーゾーンとされている商売をしている業界なので、完全に黒な業界とのつながりがある業者がいるということも考えると・・・もはや申し込みすら危険な行為だということを理解しなければなりません。

 

貧すれば鈍する、とはよく言ったもので、お金に困るとお金のことしか見えなくなってしまい、自分自身のリスクなど、本質的なことがおろそかになってしまいます。

 

クレジットカード現金化業者に申し込みをすることは、まさに『貧すれば鈍する』を体現しているものだといえます。優良業者や悪徳業者の見極めだとか、還元率がいい悪いとか、そんなものは全く関係なく、利用しようとしていることこそが完全に騙されています。

 

クレジットカードの『クレジット』は『信用』という意味です。クレジットカード現金化とは、自身の『信用』をはした金で現金に換えている愚かな行為だといっても過言ではないでしょう。