デビットカードを勘違いして業者に申し込む人たちへ

デビットカードを勘違いして業者に申し込む人たちへ

クレジットカードに似ているカードで、デビットカードというものがあります。

 

最近ではCMでもよく見るようになりました。

 

デビットカードにはJ-Debitとブランドデビットの2種類があります。

 

ブランドデビットはクレジットカードと同じようにVISA、JCBのブランドがついており、カード番号もついているので一部の人はこれをクレジットカードと同じように使えると思っている人もいるのではないでしょうか。

 

ブランドデビットのデビットカードはそれこそクレジットカードと同じように使えますが、支払い方法において全く違うものです。

 

通常クレジットカードの支払いは翌支払日に一括、分割、リボ払いなど、自身が設定している支払い方法で行います。

 

しかしデビットカードの場合は、支払いは登録した銀行口座から直接、即引き落としになります。

 

メリットとしては、銀行口座から直接引き落としになるので大金を持ち歩かなくてよいということが挙げられます。

 

銀行口座を持ち歩くことはできませんが、デビットカードを持っていればそれに似た形で口座を利用できるということです。

 

支払いに利用できるお店はVISA、JCBの加盟店ということもメリットです。

 

最近では利用明細がネットで見られることもあり、口座から直接引き落としがかかるということも含めて家計簿がつけやすいです。

 

デビットカードの一番の難点は、その仕組みが理解されていないことにあります。

 

クレジットカードと同じように使える、という知識だけでデビットカードを持っている人も多いのではないでしょうか。

 

その理由として、デビットカードはクレジットカード現金化に利用できるのか、という質問が多いことが挙げられます。

 

銀行口座を開いた際に勧められてデビットカードを作った人が、クレジットカードと勘違いしているケースが多いです。

 

クレジットカードを作る際は審査が必要ですが、デビットカードはショッピング枠が付かないので審査もありません。

 

つまり、デビットカードはブラックリストに載っている人でも作れるのです。

 

デビットカードの仕組みを理解していればわかることですが、クレジットカード現金化に利用することはできません。

 

できたとしても全く意味のない、無駄なことをしていることになります。

 

クレジットカード、デビットカードに関係なく、自分で買い物をしたものは自分で支払わなければならないことには変わりありません。

 

その支払方法をしっかりと把握してなければ、使い方を間違え悲惨な結果を招いてしまいます。