クレジットカード現金化業者や比較サイトが唱えるメリットって?

クレジットカード現金化業者や比較サイトが唱えるメリットって?

クレジットカード現金化業者や比較サイトが唱える、サービスのメリットを調査してみました。

 

最も多い2つの理由は以下です。

  1. 契約手続きが手軽
  2.  

    これは利用者からすると銀行のキャッシュカードからお金を降ろす感覚と似ているそうです。

     

  3. 初回に氏名・生年月日・振込先などの情報を登録すれば2回目以降のやり取りがスムーズ
  4.  

    これは希望金額とカード情報だけを伝えれば5分程度でお金が振り込まれるそうです。

ほかにも・・・

  • 保証人や担保も必要なく、店頭に行かなくてもインターネット経由で簡単に手続きが行える
  • クレジットカードがあれば問題がないこと
  • 借入履歴が残らないこと

まとめると、審査不要・即日現金化・高還元率な点がお得といったことになります。

 

私の場合は、そもそも借金をする必要がないと思っていたのですが、ショッピング枠を利用したクレジットカード現金化が借金と言う扱いになるのであれば、普通にクレジットカードで買い物をしたことも借金となるのだなと思い、借金に対する考えが少し変わりました。

 

審査不要で即日で現金が手に入るのであれば、換金率が良い条件であれば良い事尽くめではないか?とも思えました。

 

しかし、お金が絡んだ物事にはメリットだけではなく、デメリットも必ず存在するものなのでサービスをオススメする比較サイトは何故デメリットの説明が無いのか気になりませんでしょうか。

 

そこでクレジットカード現金化の仕組みをもう少し掘り下げて調査してみて意外なことが分かりました。

 

クレジットカード現金化業者はクレジット決済代行サービスを利用して、換金代金を振り込む会社と利用者の仲介をしている業態だということが分かったのです。

 

本来貸金業を行うには、日本貸金業協会から貸金業務に関する資格を取得していなくてはなりません。

 

しかしクレジットカード現金化業者はこの資格を持っていなくても代行業は誰にでも営業をする事が出来るのです。

 

つまりクレジットカード現金化業者は何の責任も負わず、責任を負わされるのは申し込みを行った張本人。

 

発行する会社が定める利用規約について調査してみると、実際にクレジットカード会社が被害に遭うことが多いのでしょうか?クレジットカード会社の規約に「換金を目的とするクレジットカードの利用を禁止する」と定められています。

 

そして、日本クレジット協会もこの業者を利用することや個人で換金を目的にした利用に付いても警告を出しています。

 

これだけ業界団体から嫌われているサービスなので近いうちに法で取り締まられるようになるかも知れませんが、その動きは全く更新されておらず、社会的にも話題になる事が少なく総数的に被害が減少の一途を続けていることも一因かもしれませんね。