クレジットカード現金化よりも現実的金策方法とは

クレジットカード現金化よりも現実的金策方法とは

以前より「クレジットカード現金化」「ショッピング枠の現金化」という広告を目にする機会がありました。

 

クレジットカード現金化業者が増え始めたのは、2011年の総量規制の実施が行われてからです。

 

この総量規制の対象となっているのは消費者金融からのキャッシングサービスや、クレジットカードのキャッシング枠などで、クレジットカードのショッピング枠には貸金業法が適用されない抜け道があります。

 

この抜け道を利用して、お金に困った人向けに高い還元率と振込みまでの速さを売りにお金を貸すことを生業とした業者が増えたのです。

 

この「クレジットカード現金化」「ショッピング枠の現金化」を行う業者はいったいどのような方法でお金を貸しているのでしょうか?その方法は大きくわけて3つあります。

 

  1. オンライン決済を行って入金がされ、商品を受け取るもの
  2. 商品を受け取って代金引換でカード決済を行った後に入金がされるもの
  3. オンライン決済で商品を受け取った後で商品を発送元の会社に送り入金されるもの

 

このサービスを利用される方の多くは、消費者金融から借りたくないから、家族や職場の人間に知られたくないから、急な出費があったから、即日お金を手にしたかったからといった理由があるようです。

 

また、借金をしてしまう人の多くは「以前にも消費者金融などからお金を借りた経験がある」というような借金への抵抗が少ない人が多いようです。

 

しかしこの「クレジットカード現金化」「ショッピング枠の現金化」を利用しても「年利としては高い」「過度な使用でクレジットカードを止められる場合もある」「悪徳業者に引っかかり詐欺に遭う」などデメリットが多いと思います。

 

重量規制に引っかかる方でも、銀行のカードローンなら規制対象外なのでこちらを使用することをお勧めしたいです。

 

こういったサービスや消費者金融よりも契約に至るまでの審査は厳しいですが、多重債務を抱えていたりすると絶対に受けられないという訳ではありません。

 

お金を貸すのですから貸す側の心理としては「計画的にきっちり返済をする保証のある人」にお金を貸したいですよね。

 

他社からの借り入れがある人は1社だけから借りる形に調整をし、一定の収入が得られる仕事であることを満たしていれば銀行はお金を貸してくれます。

 

その際に注意をしないといけないのが、記入間違いをしないこと、限度額を控えめにすること、多数から借り入れをしないことの3つを守れば銀行からカードローンを組むことも可能です。