クレジットカード現金化の代表的手段について

クレジットカード現金化の代表的手段について

クレジットカード現金化は、会社員、主婦、学生、フリーターなど職や年齢を問わず幅広く利用されています。

 

その手法は多く、様々な換金方法が存在しています。

 

ショッピング枠を利用した現金化は最早現代に生きる人全てに必須の家計やりくり術と言えます。

 

今回はクレジットカードのショッピング枠を使用した方法について徹底解析をしてみたいと思います。

  1. 業者を使う方法
  2.  

    クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化を行ってくれる専門の業者がいます。

     

    その方法は業者が指定した商品を購入することで高額のキャッシュバックが貰えるという方式と、クレジットカードを用いて業者と利用者との間で商品を売買することで現金化が行える方式があります。

     

    どちらのサービスも還元率が90%以上と高い点が注目されています。

     

    一方で、業者を通すやり方に不安感を持つという方も多いと思いますので、そんな方にはこれより挙げる方法がお勧めです。

     

  3. 換金率の高い商品
  4. これはネットショップなどクレジットカードで購入した商品をそのままネットショップや中古品買い取り業者、質屋で換金する方法です。

     

    換金率の高い商品としては「ゲーム」、バッグやアクセサリーなどの「ブランド品」などがあります。

     

    Amazonは商品が届くのも早く、配送料も無料なのでお勧めです。

     

    ゲームはTSUTAYAやGEOなどの買い取りシステムを利用すると良いでしょう。

     

    ブランド品は高価買い取り人気店を利用するか、大黒屋などの質屋で売ると良いと思います。

     

  5. 電子マネー
  6. 電子マネーを利用して手段ですが、やり方は非常に簡単で、クレジットカードで電子マネーにチャージします。

     

    その電子マネーで買い物をし、買った商品を返品するという方法ですが、レシートや領収書を使ったやり取りになるので多少手間がかかるようです。

     

  7. ギフト券・商品券の現金化
  8. コンビニなどで良くAmazonギフト券などが売られていますね。

     

    これを利用するのですが、日頃使わずに貯まってしまったギフト券・商品券も現金化することができる所がお得な点です。

     

    方法としては、ネットショップや金券ショップで換金をします。

     

    ネット上ではamatenなどの換金市場サービスを提供する業者も存在し、その他金券類もチケットキャンプと言うサイトが積極的な広告展開をしており、市場規模は大きくなる一方です。

このように多種多様な換金術が存在することがわかりました。

 

しかし、今このクレジットカード現金化は多重債務を助長する材料として社会問題になっていますので、適度なご利用を心がけ、くれぐれも多重債務を抱えるようなご利用は避けるようにして下さい。

 

あまり多用しすぎても発行元の会社では、システマチックに決済明細が管理されていますので、思わぬ形で利用停止されてしまうこともありますので、過度なご利用は避けたほうが望ましいと言えるでしょう。